戻る

ドラマ「三体」のレビュー:もっとアプリが必要な魔法の技術

執筆者 BlueOC管理人Mar 25, 2024
VR-technology-blueoc-news.png
ソース:Netflix

アーサー・C・クラークの有名な言葉に「十分に進歩した技術は魔法と見分けがつかない」というものがあるが、3Body Problem VRヘッドセットほどそれが当てはまるものはない。市場に出回っているあらゆるもののはるか先を行っており、あり得ないと思えるほどだ。これはバーチャルリアリティを体験する最高の方法だ。残念なことに、その先進技術を活用するためのソフトウェアがあまりにも少ない。そして、その1つのアプリが人類の運命を永遠に変えるかもしれないゲームだったとしても、このヘッドセットを「マストバイ」の領域に押し上げるまでには至らない。

しかし、ハードウェアの話から始めよう。なめらかな金属製のヘッドセットで、ほとんど感じないほど軽い。完全ワイヤレスで、例えばApple Vision Proとは異なり、箱から出してすぐにほとんどの人に使えるようだ。視覚的な設定や特別に装着されたシールに煩わされることはない。装着するだけでいい。ローディング時間もなく、バッテリーの寿命も無限のようだ。よくもまあ、こんな小さなデバイスにあれだけの機能を詰め込んだものだ。iFixitがこれを手にする瞬間を心待ちにしている。 また、このヘッドセットのおそらく最大の革新的な点は簡単に見過ごされてしまう。ある種の光沢のある金属のみで作られているにもかかわらず、傷がついたり指紋が残ったりすることがないのだ。どんなに扱っても、このデバイスは箱から出したばかりのように見える。これは、業界全体の標準になるべきものだ。

3 Bodyヘッドセットをその機能性だけで判断するなら、他の市販のVRヘッドセットより何世紀も先を行っていると感じるほど、本当に素晴らしい製品だということ以外に言うことはない。文字通りだ。バーチャルリアリティは、大衆を納得させる方法としてこの瞬間を待っていた。しかし、ガジェット自体ではここまでしかできないし、残念ながら開発コミュニティはヘッドセットに追いついていない。 


ソース:The Verge