戻る

グーグルのAIメモアプリが米国で利用可能

執筆者 BlueOC管理人Mar 21, 2024

Google's AI note-taking app is now available to users in the US.png

グーグルの実験的なAI搭載ノートアプリ「NotebookLM」が、米国で広く利用できるようになった。同社によると、NotebookLMにはいくつかの新機能が追加され、グーグルのAIモデルGemini Proを「文書の理解と推論を支援するために」使い始めているという。

NotebookLMはすでに、アプリに取り込んだ文書を要約したり、重要なポイントを導き出したり、メモのソースに関する質問に答えたりすることができる。しかし今、グーグルはメモを他の種類の文書に変換する方法も追加する。入れたいノートをすべて選択すると、NotebookLMはアウトラインやスタディガイドなどのフォーマットを自動的に提案してくれる。しかし、Googleは、NotebookLMに電子メール、スクリプトの概要、ニュースレターなど、あなたが選択した形式にメモを変換するように指示することもできると指摘している。

さらに、NotebookLMは、あなたがアプリで何をしているかに基づいて、提案されたアクションを提供し始める。例えば、メモを書いている場合、NotebookLMは自動的に "文章を推敲したり洗練させたりするツールを提供したり、今書いた内容に基づいてソースから関連するアイデアを提案したりする "かもしれないとグーグルは述べている。このアプリに追加される他の便利な機能には、NotebookLMからの有用な回答をメモとして保存する方法や、メモを他の人と共有する方法、NotebookLMとチャットする際に選択した情報源にNotebookLMのAIを集中させる方法などがある。

グーグルは、NotebookLMの制限の一部も拡大している。ノートブックには最大20の情報源、それぞれ最大20万語まで含めることができる。グーグルは5月のI/Oカンファレンスで初めてNotebookLM(当時は「Project Tailwind」と呼ばれていた)を紹介し、その後少数のテスターに公開した。今回の拡大により、米国の18歳以上のすべてのユーザーがこのアプリにアクセスできるようになり、グーグルがGPT-4の競合であるGeminiを公開した数日後に実現した。

ソース:The Verge