ブロックチェーン

教育では、証明書は特定の学習成果の達成を確認するものであり、紙やその他の物理的な形式で発行されることがほとんどです。セキュリティ機能が組み込まれた紙の証明書は偽造が難しいです。 また、受取人は紙の証明書を簡単に保管でき、どのような人にも、どのような目的でも見せることができます。しかし、第三者が手作業で証明書を検証したり、認証局が証明書のレジストリやデータベースを長期間維持する必要があるなどのデメリットもあります。

デジタル認証
ブロックチェーン開発では、コンピュータのネットワーク全体で取引を記録する分散型の安全なデジタル台帳を作成します。デジタル認証では、ブロックチェーン技術は、証明書やクレデンシャルを不変かつ透明な方法で保存することで、信頼性と信憑性を確保します。この技術革新は、不正のリスクを排除するだけでなく、検証プロセスを合理化するため、正確な文書化と認証が最も重要な教育、金融、医療などの業界にとって貴重なツールとなっています。